デイリーニュース

HOME > デイリーニュース > バックナンバー
H30.9.19

目標設定会議の方法



 多くの企業で、目標設定会議が行われており、その目的は、社員の経営への参画意識向上と自らの目標設定に主体的・挑戦的に取り組む意欲・仲間との協力関係を高めることにあります。そこで部門別に開催する具体的な方法について述べます。

目標設定会議のファシリテーション
・ファシリテーター(F)・記録係(R)を決めておく。
・出席者全員を関連のある仕事別などで、2〜6名の小グループに分けておく。

目的  方法・留意点

@ 経営計画の説明
・説明内容について、各自が具体的な疑問点を挙げておくよう要請(F)
・経営計画・目標と背景、
 設定理由を説明(F)

A 経営計画の理解促進
・小グループ別に疑問点討議(5分)
・各小グループの代表者が順に疑問点を発表
・類似・関連疑問点を板書・整理してくくる(R)
・回答・補足説明(F)

B 組織目標設定へ参画
・小グループ別に、自部門の組織目標(目標・達成基準案、個人目標・PJ目標の区分(20〜30分)
・各グループの組織目標案を模造紙に記入、発表
・小グループ別に他グループの提案に対する疑問点・指摘点討議(5分)
・疑問点・指摘点発表
・回答・補足説明
・類似目標案をくくる(F)

C 合意形成
・小グループ別に、組織目標案に対する採点討議(5点法・5分)
・各グループ発表、採点記録(R)
・上位目標案の採点結果確認(F)

D 次ステップ説明・要請(F)
・後日、部長が組織目標を決定、発表
・各自個人目標、PJ目標を検討しておくよう要請

 上記の手順では、全員が同時に見て、比較できること、全員が発言することが大切です。