デイリーニュース

HOME > デイリーニュース > バックナンバー
H30.5.23
課題解決のフレームワーク


経営課題を解決するために、経営戦略・ 経営計画を策定し、目標管理制度によって、
その実現を図ることは不可欠ですが、多様で複雑な情報をうまく整理して、革新的な思考と行動を必要とするこのような作業を上手に進めるためには「課題解決のフレームワーク」を活用することが効果的です。

フレームワークとは
「課題解決のフレームワーク(枠組み・骨組み)」は、そこに示された思考・処理手順に従えば、目的に合った的確な結果が得られ易いので、戦略の構築から、個別の課題解決まで、よく活用されています。その代表例は図示した通りで、課題解決のために、9つのステップが設定されております。
このうち、最重要ステップはDの基本構想で、課題解決のコンセプトとも言われており、課題が解決されたときの“あるべき姿”と、“そこに至るまでに貫くプロセスのポイント”を表したものです。
“あるべき姿”は、「課題解決の諸要素やステークホルダーとの関係などを「課題解決がなされたときの連関図」などで図示し、見える化すると明快になり、“そこに至るまでに貫くプロセスのポイント”は、課題解決のポリシー(例えば、フレームワークに基づいて、ステップごとの関係者との合意形成を重視する)を明記するのが適切です。

 課題解決のフレームワーク例

   @課題設定
↓←A背景・ニーズと目的
↓  B的確な状況判断
↓←C問題・課題分析

D基本構想(ありたい姿)

↓→E目標設定
↓→F成功要因の定義
↓  G実現のための具体策
↓→H実施スケジュール

また、@〜Hの各プロセスでは、それぞれに適した様々な手法・キーワードがあります。

経営者・管理者の留意点
重要で複雑な経営課題について、フレームワークを活用すると、うまく解決することが期待されます。目標管理制度で、部門間の共同目標をプロジェクトチーム編成によって達成しようとするときなどは、特に有効と言えます。目標設定・プロジェクトチーム編成の際などに、フレームワークを活用し、その達成経験を通じて、巧みな課題解決に慣れることをお勧めします。