デイリーニュース

HOME > デイリーニュース > バックナンバー
H31.3.7
企画シートの主題と目的


 企画を検討する最初の作業は、右図の①主題を決めること、②背景・ニーズを整理し、企画の目的を決めることです。
 その作業を飛び越えて、いきなり企画内容の検討に入る誤りは大変多く、その結果、検討担当者自身が、何を何故、どのように検討しているのか解らなくなる「迷走」
状態に陥ってしまいます。

①主題の決め方
 主題の決め方は、企画内容を端的に表す表現で、例えば「〇〇商品販売戦略」「●●制度の改革」などです。
 多くの場合、主題の表現については誤ることは少ないと言えましょう。

②背景・ニーズ・目的の決め方
 この項目は、目的を特定することが眼目であり、そのために、主題の企画テーマが生じた背景・ニーズを精査し、それに基づいて、企画の目的を決定するのです。背景・ニーズを的確に観察するには、外部環境と内部環境をキーワードを活用して観察するのが常道です。
 すなわち、表に示した「A:三現主義」に基づいて「外部環境の変化」「内部環境の変化」を「C:SWOT」と「E:4P」の視点で主題と、[企画シートのレイアウト](現物はA3判)
①主題
②背景・ニーズ・目的
③状況判断
④SWOT分析
⑤基本構想・コンセプト
⑥目標
⑦成功要因・ハードル解除
⑧実現のための具体策
⑨スケジュール
⑩実績 [完了時の姿]
で観察することによって、重大な見落としを防ぐことが出来ます。
A:三現主義・・・主題に関する「現地の現場で現実に即して観察」
C:SWOT・・・強み・弱み・機会・脅威の視点で外部環境・内部環境を観察
E:4P・・・product:商品・サービス、price:価格、place:販路・販売店、promotion:宣伝・人的・物的販売促進
 その上で「企画の目的」を判断し、記述すれば、以後の検討を、目的を常に念頭において、誤りなく進めることが出来ます。